副業での税金の扱い方や申告の仕方

副業をするときは収入の金額に応じて所得税を支払う必要があり、事前に条件を確かめて申告漏れがないようにしないといけません。会社員として本業で安定した収入があっても老後の生活のために副業をする人もいますが、年間で20万円以上稼いでいると確定申告をすることが必要です。税金の申告は副業をする会社が行う場合もありますが、必ずしもそうでないため事前に確認してする必要があります。勤務先に副業を知られたくない場合は自分自身で確定申告を行い、普通徴収にして納付書で所得税などを納めることが必要です。確定申告は毎年2月中旬から3月中旬頃まで税務署で受け付け、収入や経費の明細を記入して手続きを済ませて翌年の税金を確定させないといけません。経費は情報商材やサーバーなど副業をするために投資した金額が該当し、課税対象所得から控除されきちんと伝えると節税ができて便利です。
税金は年間の所得に応じて計算され、本業と同時に副業をしていればきちんと申告を行う必要があります。ただし、確定申告の手続きは煩雑なため副業の所得が少ないと免除され、年間で20万円以下であればしなくても良いため便利です。一方、個人事業主やフリーランスとして副業だけの収入であれば年間で38万円以下であれば申告不要になり、事前に確認して今後の計画を立てると余分な手間や時間を省けます。確定申告は会計ソフトを使えば必要事項に入力するだけでそれぞれの金額を自動的に計算してもらえ、プリントしてそのまま提出するだけで済むため便利です。申告の方法は白色と青色の2種類があり、節税できる金額を増やすと今後の人生に役立ちます。
副業での税金の扱い方や申告の仕方はする前に確認し、今後の生活を安心して暮らせるようにすることが大事です。税金は基本的に所得の累計に応じて決められますが、副業を行う場合に報酬を支払う起業が税務署に支払調書を出していない場合もあります。このようなケースは事前に税金の扱い方として確定申告の前に伝えることがありますが、必ずしもそうではないため事前に確認することが望ましいです。年末調整は副業をすると本業の勤務先に伝え、控除される税額が増えているため怪しまれないようにする必要があります。副業をするときは税額を正しく理解し、手続きを済ませないと脱税行為になる場合もあり注意が必要です。確定申告は慣れるまでは手間がかかるものですが、経費があれば申告すると節税ができます。

SNSでもご購読できます。